スポーツ

【相撲】石浦関の父親や嫁について!白鵬との仲は普通じゃない!

大相撲の幕内力士石浦関の父親と嫁について、そして白鵬関との関係についてまとめてみました。

石浦関の父親は鳥取城北高校の校長兼相撲部監督です。

また石浦関は2017年に平岡杏子さんとご結婚されていますね。

そして最後に石浦関と白鵬関との仲についても調べてみます。

【相撲】石浦関の父親ってどんな人?

石浦関の父親は、

名前    石浦外喜義(いしうら ときよし)

生年月日  1961年7月10日

出身    石川県能美市

職業    鳥取城北高校の校長兼相撲部監督&ちゃんこ店経営

担当科目  保健体育

最終学歴  日本大学

金沢高校で本格的に相撲を始めて日大相撲部へ成績はパッとしなかった(大学選抜七尾大会の個人ベスト8)

その後、鳥取城北高校の相撲部監督となります。

指導した中には大相撲でも活躍し大関となった琴光喜や照ノ富士、他にも逸ノ城・貴ノ岩・大喜鵬、そして息子である石浦もそうです。

また女子相撲の草分け的な存在である上田幸佳さんを指導したことでも有名です。

そして『ちゃんこ石浦』というちゃんこ店まで経営されています。

『ちゃんこ石浦』といえば、あの日馬富士が貴ノ岩を殴打した事件の1次会の店として有名になりましたよね。

もちろん事件現場に石浦校長と石浦関もいたようです。

石浦関の自宅は1Fが『ちゃんこ石浦』になっていて城北高校の寮も一緒になっているようです。

デカい家ですね~。

ちゃんこ石浦も石浦関の父も地元では有名なようです。

「店は相当の広さで、名物は鳥だしスープのちゃんこ料理です。『逸ノ城定食』なんていうメニューもあります。ただ、地元では知らない人はいない名士だけに、店の評判を悪く言う人間もいます。本当かどうかは分かりませんが『相撲部の部員を店でタダでこき使っている』なんて噂話はしょっちゅう耳に入ります」(地元民)

こんな話もあるみたいですね。

 

【相撲】石浦の嫁は綺麗!

次に石浦関の嫁(奥さん)についてです。

石浦関は2017年に結婚されました。

お相手は平岡杏子さん保育士をされていた方です。

身長が167㎝と長身。石浦関が174㎝なので、その差7㎝。

拓殖大学北海道短期大学女子でバスケットボールをやられていたそうです。

しかもめちゃくちゃ美人ですね。

綺麗ですね~。

芸能人?って思ってしまうくらい綺麗です。

石浦関と平岡杏子の馴れ初め

二人の出会いは、”SMAP×SMAP”なんですよね。そしてキューピットは横綱・白鵬関

どういうこと?って思うかもしれません。

それは、白鵬関が”SMAP×SMAP”に出演された時、SMAPとバスケ対決をしました。

白鵬関のチームは、白鵬関とご自身が名誉監督を務める拓殖大学北海道短期大学女子バスケ部の部員。

そのメンバーに平岡杏子さんがいらっしゃったんです。

白鵬関の付け人をやっていた当時三段目の石浦関も、SMAPに会いたいという理由で同行していました。

そこで石浦関は平岡さんを一目見てホレてしまったんですね~。

白鵬関が平岡さんに「何か聞きたいことがあれば石浦に連絡して」と石浦関の連絡先を教えたとか。

白鵬関ナイスパス^

一方、平岡杏子さんの石浦関に対しての第一印象は”目つきが怖い人”だったようですね。

ただそこから平岡杏子さんの幼稚園の実習期間中、毎晩石浦関から『明日もがんばれ』と連絡もらい、”すごく優しい人”に変わっていったようです。

そしてお付き合いするようになっていきました。

結婚と決めて

結婚の決め手はアイスのピノだったようですよ。

石浦関は十両陥落がかかる一番を前に気分転換をするために平岡さんと一緒に銭湯にいったそうです。

風呂上がりにピノが食べたくなった石浦関は買ってきて欲しいと平岡さんに頼みました。

ピノの中にはなんと、通常とは異なる星形が!

その星形ピノを食べた石浦関は、翌日白星をもぎ取り十両に残ることが出来たんですね。

石浦関は「この人しかいないな」と思い結婚を決めたようなんですね。

ドラマみたいな話ですね^^

 

【相撲】石浦と白鵬との仲は普通じゃない!

石浦関は白鵬関の内弟子なんです。

相撲界での内弟子とは、現役力士が弟子を持ち将来、部屋を持った時に弟子も連れていくことが前提で師匠に預かってもらう事。

だから白鵬関が引退し部屋を持ったら石浦関もついていくことになります。

ちなみに白鵬関にはもう一人”炎鵬”という内弟子もいます。

あわせて読みたい
炎鵬晃はイケメン力士!四股名の由来は兄の事故と関係している?小柄で小兵力士と言われる炎鵬晃(えんほうあきら)は、イケメン力士としても評判ですね! 年齢は20代半ばになりますが、結婚はまだのよ...

そんな石浦関ですが、日大卒業後は大相撲ではなく格闘家になろうとしていました。

大学時代に体を大きくしようと思って食べ過ぎて病気になったり、父親からもプロは難しいと言われていたようなんですね。

そんな中、白鵬関は父親を説得して必ず”関取”にさせるからと、角界に入ることを勧め更には内弟子にしたようです。(関取とは十両以上の力士の事)

白鵬関は石浦関の能力を見抜いていたのかもしれませんね。

そんな石浦関を白鵬関は角界入りしてからめちゃくちゃ可愛がります。

例えば、石浦関が序の口時代に優勝パレードに同席させたり、相撲雑誌の表紙に白鵬関と一緒に映ったりと通常ではあり得ない特別扱いをしているそうです。

他の力士は羨ましいでしょうね。

そんな白鵬関の期待に応えて石浦関はしっかり、幕内力士として定着しています。

上背や体重のハンデはありますが運動神経はずば抜けていますので今後、さらに上に行くことも期待できるでしょう!

石浦関・まとめ

今回は、石浦関について書いてい参りました。

有名人な父親の指導を受け綺麗な奥さんと出会い、白鵬関に可愛がられている石浦関、今後注目ですね。

それでは最後まで読んでくださりありがとうございました。