ニュース

ノーベル賞2019・日本人受賞者は吉野彰!27人目の快挙!

毎年の秋の風物詩ともなっているノーベル賞授賞式ですが、2019年の受賞者が決まりました。

日本人の受賞者が出るか、候補者を挙げて予想してきましたがついに10月9日に決まりました!

日本人受賞者は吉野彰氏でしたね!

どんな方なのでしょうか?

 

それでは最後までお付き合いください!

 

ノーベル賞2019年・日本人受賞者は吉野彰

2019年10月9日、ノーベル賞受賞者が発表されましたが今年もめでたく、日本人受賞者がいました。

ノーベル化学賞に選ばれたのは、吉野彰氏でした!

 

吉野彰氏は現在71歳で、旭化成の名誉フェローでもあります。

携帯電話やノートパソコンなどに使われるリチウムイオン電池を開発したことが評価され、受賞されました。

日常生活に欠かせないですからね。

 

吉野彰氏は、2019年6月に欧州特許庁が主催する欧州発明家賞を受賞したばかりでした。

 

日本人でノーベル賞を受賞したのは吉野彰氏で27人目となるそうです。

なかでもノーベル化学賞受賞者としては、8人目となります。

授賞式は12月10日にスウェーデンのストックホルムで開かれるそうなので、こちらも楽しみですね‼

 

ノーベル賞2019年・他の日本人候補者は?

2019年のノーベル賞で、他にも日本人受賞者として予想されていた候補者がいましたよね。

まとめてみます!

 

・前田浩氏(バイオダイナミックス研究所理事長)

・松村保広氏(国立がん研究センター先端医療開発センター新薬開発分野長)

・森和俊氏(京都大学教授)

・細野秀雄氏(東京工業大学栄誉教授)

・野依良治氏(名古屋大学特別教授)

・山本尚氏(中部大学教授)

・藤嶋昭氏(東京理科大学栄誉教授)

 

選ばれなかった候補者の方々は残念なことですが、世の中の為に必要な研究を重ねてくださったことに感謝です。

 

ノーベル賞2019年・日本人受賞についてネットの反応!

2019年のノーベル賞を、日本人の吉野彰氏が受賞したことについてネットの反応はいかがでしょうか!

 

 

ノーベル賞2019年・まとめ

2019年のノーベル賞でも日本人受賞者が出るなんて、日本人って本当にすごいですね!

吉野彰氏の研究のおかげで、生活に欠かせないIT機器製品が成り立っていたなんて全然知りませんでした。

ありがたいことですね!

来年のノーベル賞では28人目の日本人受賞者が出るのでしょうか!?

今から楽しみですね。

 

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!